【Visual Studio2017】【C#】LineShapeコントロールを利用してフォームに線を描画する

Visual Basic Power Packsを利用すると、LineShapeコントロールが利用できる。

導入手順

  1. Visual Studio2017が起動中の場合は終了させる
  2. 次のURLからvb_vbpowerpacks.exeをダウンロードしてインストールするhttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=321343
  3. Visual Studioを起動し、フォームデザイナを表示→左側に表示されるツールボックスを右クリック→アイテムの選択→ツールボックス アイテムの選択が表示されるので、.NET Framework コンポーネントから、LineShapeを選択
  4. ツールボックスからほかのコントロールと同様に、LineShapeをフォームにドロップすればOK!

利用してみるとこんな感じ

他のサイトで紹介されていたLabelコントロールを細工して線に見せるやりかたでもよいのだが、このコントロールを使用した方が、X1,Y1,X2,Y2のプロパティを使用して座標指定できるので分かりやすい。

また、Labelコントロールでは実現できない斜めに線を引くことも可能となる。